SKYMET 埼玉協同病院 教育研修センター

小 中 大
埼玉協同病院
  1. ホーム
  2. 初期研修
  3. 研修の概要・特徴
  4. 初期研修プログラム

研修の概要・特徴

初期研修プログラム

埼玉協同病院 初期総合臨床研修プログラム

研修管理委員会委員長:病院長 増田 剛

プログラム責任者:忍 哲也

初期研修のコンセプト
  1. (1) 将来どのような分野に進んでも求められる、基本的臨床能力を獲得する。
  2. (2) 患者さんをはじめチーム医療を共に担うスタッフから信頼される医師として成長する。
  3. (3) 主体的に研修に取り組み、生涯自ら学び続ける姿勢を身につける。
プログラムの目的と特徴
【目的】

内科を中心に、救急、地域医療、小児科、外科、産婦人科、選択のローテーション研修を行い、総合的な力量を身につける。第一線の地域医療に貢献できる医師の養成を目的とする。

【特徴】
  1. (1) 総合内科病棟から研修を開始し、基本的な診療スタイルを学ぶ。
  2. (2) 全ての科が集まった一つの医局により、診療科を超えて研修医を育成する。
  3. (3) レクチャーや症例カンファレンス、外部の専門家を招いた講演会など学ぶ機会がある。
  4. (4) メディカルスタッフとのカンファレンスを重視し、チームで患者さんの治療方針を検討する。
  5. (5) 研修医同士の集まりで、自らが研修の改善に積極的にかかわっている。
  6. (6) 2年間を通して、救急医療の経験を積むことができる。
研修スケジュール(2018年度予定)
必修項目 内科:8か月、救急:3か月、地域医療:1か月
病院が定める
必修項目
外科:2か月、小児科:2か月、産婦人科:1か月、
選択:7か月(上記すべての科と精神科、麻酔科、整形外科とする)
プログラム例(2018年度予定)
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 総合内科 内科 救急 外科
(選択必修)
産婦
(選択必修)
2年次 内科
(選択必修)
地域医療 小児科
(選択必修)
選択 (7か月)
内科、救急、地域医療、麻酔科、外科、小児科、
産婦人科、精神科、整形外科、皮膚科
研修内容(例)
研修科目 主な研修内容
総合内科 病歴聴取、身体所見、初期診断、検査・治療計画といった臨床医としての基本的な診療の流れを理解し実践できることを目標とする。
一貫した指導体制で総合内科について学ぶ。
救急 緊急を要する疾患・病態について初期評価及び初期対応ができることを一般目標とする。
地域医療 在宅医療の重要性を理解し、在宅療養援助の研修を行う。健診・予防活動の重要性を理解し実践する。診療所医療の特徴、診療所の医師の役割、及び病身連携のあり方を理解し、診療所に求められる総合的な診療能力を研修する。
内科 循環器、代謝・内分泌、呼吸器、消化器などさらに深めたい科目について、その診療科の特徴を理解し研修する。
外科 一般消化器外科を中心に研修を行う。指導医のもとに受持医となり、診断検査計画、術前管理から麻酔、手術の実際、術後管理まで一貫して研修する。
麻酔科 全身麻酔導入における気道確保、気管挿管、腰椎穿刺に関する手技の獲得について研修する。
小児科 成長期にある小児の生理的特性を理解する。個人、家族、地域集団での生活からくるさまざまな疾患について治療技術を研修する。
産婦人科 基本的な産婦人科診察ができる。日常しばしば遭遇する婦人科疾患の特徴を理解し、初期対応ができる能力を研修する。
選択科目 精神科や整形外科の研修や、内科、小児科、産婦人科などの診療科の延長をすることができる。
精神科 不安障害、うつ病、アルコール依存症、認知症、その他慢性の精神障害など、日常の診療でしばしば遭遇する疾患の初期対応に必要な能力を研修する。
2年間の研修スケジュール
【1年次スケジュール】

【2年次スケジュール】

協力型臨床研修病院・研修協力施設
【協力型臨床研修病院】

みさと協立病院

【研修協力施設】

浦和民主診療所、老人保健施設みぬま、さいわい診療所、大井協同診療所、
かすかべ生協診療所、秩父生協病院

(C)Medical Co-operative SAITAMA All Rights Reserved.