SKYMET 埼玉協同病院 教育研修センター

小 中 大
埼玉協同病院
  1. ホーム
  2. 医師募集
  3. 産婦人科

医師募集 産婦人科

院長挨拶

わたしたちの病院は、健康に生きたいという地域住民の願いを実現する為に、1978年にこの地に生まれました。医療提供体制の整備状況が厳しいこの埼玉において、急性期・救急医療、がん診療を行うことを基本方針として掲げ、その実践を通して、患者の健康権を尊重する医療従事者を育成することを目指しています。

74床・8診療科でスタートした当院は、自前の職員養成に加え、多くの専門機関の協力を得て、各職員の技量を高め、現在の401床・31診療科の総合病院に発展してきました。年間3000台を超える救急車を受け入れ、各専門領域では、日々その医療水準の向上に努めており、現在では川口市及び埼玉県南部保健医療圏内の基幹病院としての役割を担わせて頂いていると自負しています。

厚生労働省の指定する基幹型臨床研修病院(卒後臨床研修評価機構認証)として、地域で役に立つ臨床医の育成に努めると共に、メディカルスタッフ育成の為の実習病院として教育機能の強化に取り組み続けています。

地域に根ざした住民本位の医療を行うという共通の思いを持って集まった職員たちのチームワークは抜群であり、当院の「売り」でもあります。医師たちは出身大学も出身地も様々であり、診療科間の壁が無く、ワンフロアに同居する仲間として、常に協力し合って働いています。また、地域の医療生協の組合員がボランティアとして様々な協力をしてくれることも当院の大切な特徴です。

こんな仲間たちと一緒に地域医療を守り、そして自身も医療者として成長することを目指し働くことを是非ご検討下さい。

医師紹介

伊藤医師
日本産婦人科専門医
市川医師
日本産婦人科専門医、健診マンモ読影医
榎本医師
日本産婦人科専門医
芳賀医師
日本産婦人科専門医、細胞診専門医
産婦人科の中のジェネラリスト

伊藤:当院は今、この地域に必要な病院だと思っています。一般的な婦人科疾患を治療するだけでなく、地域の人たちが近くで産める場所があるということ自体が非常に大切なことです。特殊な高度医療についても、一端は我々のところを通して専門の施設に届けています。それもまた地域に根ざした病院として、大きな役割だと思います。

榎本:1次から2次の疾患を診たり、総合的な診療をする、産婦人科の中のジェネラリストですね。大病院だと専門分野しか診られないところを、埼玉協同病院では幅広く、かつ息の長いお付き合いで患者さんに接することができます。

市川:関連病院との連携で専門性を高めていただくこともできます。専攻研修施設と卒後研修施設の関連施設型の研修施設になっていますので、研修に来ていただければ、専門医を受ける受験資格を得ることができます。そうやって、皆がそれぞれの専門性を高めつつ、足りない力は補い合って地域医療を担っています。

子育てしながら産婦人科医として働く

芳賀:私は医者として25年勤めていますが、その間にこどもを2人出産しました。途中で体調を崩したりもして、同僚には随分気を遣ってもらいました。女性医師が出産後も常勤医を勤めるのはなかなか大変ですので、職場の人たちには本当に感謝しています。

伊藤:お産はものすごく地域と関係しますから、そうした当院の役割を考えてくれる医師は、仲間としても大切にしなければと思いますね。産婦人科は、いざという時に皆が一丸となってやらなければいけません。その意味でも、仲間を大切にする気持ちはそれぞれが強く持っていると思います。

芳賀:そうやって私自身が支えてもらっている分、これからは逆に支える番に回らないといけないなと思っているんです。産婦人科医として勤務しながら自分もこどもを産み育てたいという人がいたら、是非躊躇せずに相談してほしいですね。

地域の中で成長できる環境

市川:私はもともと、患者さんにとって敷居の低い医師になりたかったんです。大きな病院だと紹介状がなければ行けなかったりしますが、この病院はそうではありません。地域の人が気軽に来て、些細なことでも相談してくれるような病院です。

芳賀:他職種のスタッフも、医師が育つことをすごく楽しみにしているんですよ。地域の人のお産をとって、その子が育っていくことに関わりたいという思いが強いスタッフが多いです。小児科との連携も強いですので、本当に長く一人の患者さんやご家族と接していけます。最近では、私がお産をとった子が妊婦さんになって再び来院されることもあり、歳をとったなぁと思いつつも嬉しい再会に話が弾んでいます。

伊藤:埼玉は産婦人科が非常に少ないので、数を積めるという意味でも研修の場として良いのではないかと思います。東京で開かれる学会にも地理的に参加しやすいですし、自分自身も住みやすいですよ。

埼玉に根を生やして働いてほしい

榎本:関東近辺から地方の大学に行った人がUターンで戻ってくる場合、東京には医師がたくさんいますから、むしろ郊外に目を向けてもらえたらと思いますね。その場合は病院に近いところに住み、地域に根を生やして働いていただける方に是非とも来ていただきたいです。

芳賀:この病院は地域の人たちの生活や人生に寄り添うような医療を今までもやってきたし、これからもやっていきたいというポリシーを持っています。特に産婦人科は女性の人生をサポートしていく大切な立場ですので、私たち医師も地域をつくっていく歯車の一つとして、この地域の医療をしっかりと担っていきたいと思います。

伊藤:地域の中で必要な治療は何か?ということを念頭に学んでほしいですね。この病院では、特殊な疾患に対応できることよりも、むしろ一般的な疾患をしっかりと診られるかどうかです。その経験を数多く経験することで、産婦人科医としての基礎固めをしてもらえればと思います。

募集内容

常勤
募集診療科目
総合内科、循環器内科、呼吸器内科、腎臓内科、神経内科、
緩和ケア科、救急科、小児科、乳腺外科、脳神経外科、産婦人科、
整形外科、耳鼻咽喉科、眼科
年収
(当直手当含む)
規程により算出しますのでお問い合わせください。
例:6年目1,000万~1,200万
当直手当
(救急勤務医手当含)
  • 平日当直 21時〜 33,000円(昼明け)13時以降
  • 平日当直 17時〜 45,000円(昼明け)
  • 土曜当直 13時〜 56,000円
  • 休日当直 17時〜 46,000円(昼明け)13時以降
  • 休日日勤            43,000円
※当直時(夕・朝・昼)食事支給
他、勤務手当
年末年始勤務手当有
規定により超過勤務手当支給
住居
先生ご自身にお選びいただいた物件を法人契約の上貸与(敷金・礼金は病院負担)。家賃の半額支給(上限5万円)赴任時の引越し諸費用は実費支給。
勤務時間
月~金8:30~17:00 土曜8:30~13:00
勤務日数
4週6休
福利厚生
日生協健康保険、厚生年金、企業年金、雇用保険、労災保険、
役職員共済保険、退職金制度有、共済会による医療費補助制度有(本人及び家族)
休日
日曜、祝日、第2土曜日
有休休暇
1年次10日、2年次12日、以降順次増えて入職6年度以降は年間20日。
その他休暇
夏季休暇4日、年末年始12/30~1/3、結婚休暇5日、産休、育休、
介護休暇制度有
研修日 / 研究日
病院が認めた場合、研修日有
学会支援
学会出張規程により実費支給
子育て支援
当院併設の保育所有、育児時短制度有
医師賠償保険
病院において加入
お問い合わせ
下記、問い合わせフォームからお問い合わせください。
お問い合わせ

【医師ご本人からのお問い合わせ】
 電話:048(296)5822(直通)
 担当/医師採用担当 市川・根岸

【それ以外の関係者からのお問い合わせ】
 電話:048(296)4771(代表)
 担当/医師採用担当 市川

〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂1317
E-mail:skymet@mcp-saitama.or.jp


嘱託常勤
募集診療科目
総合内科、循環器内科、呼吸器内科、腎臓内科、神経内科、
緩和ケア科、救急科、小児科、乳腺外科、脳神経外科、産婦人科、
整形外科、耳鼻咽喉科、眼科
年収
(当直手当含む)
勤務日数により応相談
当直手当
(救急勤務医手当含)
当直の有無は応相談
手当は常勤に準ずる
他、勤務手当
常勤に準ずる
住居
常勤に準ずる
勤務時間
応相談
勤務日数
週4日以上で応相談
福利厚生
常勤に準ずる
但し退職金制度は無し
役職員共済保険および共済会加入は応相談
休日
常勤に準ずる
有休休暇
勤務日数により常勤に準ずる
その他休暇
常勤に準ずる
研修日 / 研究日
常勤に準ずる
学会支援
常勤に準ずる
子育て支援
常勤に準ずる
医師賠償保険
常勤に準ずる
お問い合わせ
下記、問い合わせフォームからお問い合わせください。
お問い合わせ

【医師ご本人からのお問い合わせ】
 電話:048(296)5822(直通)
 担当/医師採用担当 市川・根岸

【それ以外の関係者からのお問い合わせ】
 電話:048(296)4771(代表)
 担当/医師採用担当 市川

〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂1317
E-mail:skymet@mcp-saitama.or.jp

(C)Medical Co-operative SAITAMA All Rights Reserved.